「育毛」ではなく「発毛レベルを体験できる」と話題のキャピキシル。

 

キャピキシルが注目されているのは、「ミノキシジル3倍の効果がある」ことと「AGA(男性型脱毛症)の改善に効果がある」といわれている上記2点。

まことしやかにささやかれているキャピキシルの効果は本当なのか?気になっている方も多いかと思います。

 

そこで本稿では、キャピキシルの開発元ルーカスマイヤーコスメティクス社が公開しているデータを元に、

キャピキシルには本当に効果があるのか?徹底的に検証し解析していきます。

キャピキシルの効果が気になっている方にとって必ず役立つ情報ですので、ぜひ最後までご覧になって下さい。

 

ミノキシジル3倍の効果があるとする試験データ

下の画像は、キャピキシルの開発元ルーカスマイヤーコスメティクス社が公開している試験データの中で、「キャピキシルがミノキシジル3倍の効果がある」とする証拠です。

キャピキシルのミノキシジル3倍の促進効果のある証拠

※ キャピキシルを構成している成分の「アセチルテドラペプチド-3」に、ミノキシジル3倍の効果があったという試験結果

上記の試験データをご覧になって頂くと分かります通り、確かに「キャピキシルにはミノキシジル3倍の成長促進効果がある」ということが分かります。

ミノキシジルといえば発毛剤として認められている成分ですが、頭皮の炎症や湿疹などの副作用を起こすリスクが高いため使えない方も沢山います。

一方キャピキシルは、アカツメクサやアミノ酸(アセチルテドラペプチド)で構成されているので、ミノキシジルと比較すると「安全性が遥かに高い成分」であり副作用のリスクがほぼありません。

ミノキシジル3倍の効果があることに加え、キャピキシルの開発元は以下のような臨床試験データも公開しています。

 

AGA患者に対するキャピキシルを使った臨床試験

キャピキシルのAGA効果臨床試験

上記は、AGAを発症している患者に対して行われたキャピキシルの臨床試験内容です。

どんな試験が行われたのかというと

  • 平均年齢46歳のAGA患者30人に協力してもらった。患者は至って健康体である。
  • 15人にはキャピキシル5%を塗布し、残り15人にはプラセボを塗布した※
  • 1日1回夜に20滴、キャピキシル5%およびプラセボを、それぞれ4ヶ月間使ってもらった
  • 4ヶ月後、それぞれの使用前と頭髪の状態を比較した

このような臨床試験が行われたようです。

ちなみに、プラセボとは「有効成分が入ってない偽薬のこと」で、AGA患者にキャピキシルとプラセボ(偽薬)を使ってもらい、その結果を比較することで「キャピキシルに効果がある」のかどうかを判断します。

※ プラセボを使った臨床試験は、製薬会社などが行っている試験と同じです。

 

キャピキシルのAGA効果試験結果

こちらが、AGA患者に対して行われたキャピキシルの臨床試験結果です。

キャピキシルのAGA改善のための臨床試験結果

グラフの見方は、左側がプラセボ(偽薬)とキャピキシルを塗布した場合の「成長期」の毛髪量の変化。

そして右側が、プラセボ(偽薬)とキャピキシルを塗布した場合の「休止期」の毛髪量の変化です。

  • 成長期の髪・・・発毛
  • 休止期の髪・・・抜け毛

ということになります。

先ほどのグラフをそれぞれ細かく見ていきましょう。

 

キャピキシルによる成長期(発毛)の毛髪量の変化

キャピキシルをAGA患者に塗布した場合の発毛量の変化

このグラフを比較すると、プラセボ(偽薬)の場合は発毛が2%減り、キャピキシルを塗布した場合は「発毛が13%増えた」ことが分かります。

つまりキャピキシルには「発毛を促進する効果がある」ということです。

 

キャピキシルによる休止期(抜け毛)の毛髪量の変化

キャピキシルをAGA患者に塗布した場合の抜け毛量の変化

このグラフを見ると、プラセボ(偽薬)の場合は抜け毛が23%も増え、キャピキシルを塗布した場合は抜け毛が29%も減ったことが分かります。

つまりキャピキシルには「抜け毛を減らす効果がある」ということです。

 

臨床試験結果による発毛と抜け毛の割合変化

キャピキシルをAGA患者に塗布した場合の毛髪量の変化

上記のグラフは、発毛の本数を抜け毛の本数で割った値です。こうする事で、結果的に「髪が増えたのか減ったのか」が分かります。

プラセボは33%減少しているのに対して、キャピキシルは46%増えていることが分かります。
つまり、キャピキシルを塗布したことで発毛が促進され抜け毛が減ったことで「薄毛が改善した」ということが分かります。

 

画像による毛髪量変化の結果

下の画像は、キャピキシルの臨床試験前と後で患者の頭皮を撮影し比較した画像です。

キャピキシルをAGA患者に塗布した場合の画像による毛髪量の変化

明らかに髪の量が増えていますよね。臨床試験データ上の数字ではなく、こうして画像として見ると「キャピキシルは間違いなくAGA改善効果がある」と分かります。

キャピキシルの臨床試験は「AGAを発症している平均年齢46歳の患者」に対して行われたモノです。ですので、その結果「発毛が促進され抜け毛が減少した」わけですから、信憑性が高く信頼できる成分といえます。

 

ミノキシジルやプロペシアと同等の効果

上記しました通りキャピキシルには、ミノキシジル3倍の成長促進効果とAGA改善効果があります。

AGA治療薬といえば、ミノキシジルとプロペシアが有名ですが、これらは「効果が高い反面強烈な副作用のリスク」があります。

  • ミノキシジルの副作用
    接触性皮膚炎・頭皮の炎症・かゆみ・赤み・ただれ
  • プロペシアの副作用
    ED(勃起不全)・性欲減退・精子形態異常・肝機能障害など

しかし、キャピキシルは「ミノキシジルやプロペシアと同様の効果」があるにも関わらず、これらのような副作用のリスクがありません。

ですので、副作用が強くて医薬品の使用を諦めていた方にとって、キャピキシルは非常に有り難い新成分といえます。効果の高さについては、臨床試験データを元に解析してきた通りです。

 

キャピキシルの効果徹底検証まとめ

今回検証してきたキャピキシルの臨床試験データですが、Deeper 3Dから直接ダウンロードする事が出来ます。

キャピキシルの臨床試験データダウンロード方法

キャピキシルの臨床試験データを実際に確認しておきたい方は、直接ダウンロードして確かめてみて下さい。

>>キャピキシル臨床試験ダウンロードはこちら

 

効果が高く副作用のないキャピキシルですが、このキャピキシルを配合している育毛剤は現在数種類しかありません。

キャピキシル育毛剤

それが上記のDeeper 3Dとボストンスカルプエッセンスの2つです。どちらも自腹で購入し効果を確かめてみましたので、「効果の確かなキャピキシルを配合した育毛剤」を試してみたい方は体験談レポートをご覧になってみて下さい。

 

キャピキシル配合 Deeper 3D

キャピキシル配合 Deeper 3D

効果の高いキャピキシルに加えて、発毛率が90%を超える毛髪再生医療と同じ「成長因子」を高配合しているのがDeeper 3Dです。

>>Deeper 3Dの効果・口コミ体験談レポートはこちら

 

キャピキシル配合 ボストンスカルプエッセンス

ボストンスカルプエッセンス

キャピキシルの他に、ピディオシジルやフラーレンという「育毛業界で話題の新成分」を高配合しているのがボストンスカルプエッセンスです。

>>ボストンスカルプエッセンスの体験談レポートはこちら

 

それでは、最後まで読んで下さりありがとうございました。
副作用がなく非常に効果の高いキャピキシルで、髪の悩みがない生活を取り戻す為にご活用ください。

育毛剤選びで迷ったら

最もおすすめのオールインワン育毛剤

あなたにピッタリの育毛剤を見つけるならこちら

人気の育毛剤5つを徹底比較!

おすすめの記事