生え際・ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテル比較

生え際・ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテル比較

育毛業界で話題の「新成分を高配合」している最新育毛剤のボストンスカルプエッセンスと、M字ハゲ専用育毛剤とされている薬用プランテル。

どちらも人気の育毛剤であるため「どちらを選んだらより効果を得られるのか」「生え際の薄毛により効果を実感できるのは」と迷っている方も多いかと思います。

そこで本稿では、ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテルの成分・特徴・値段を徹底比較して解析していきます。

ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテルのどちらにすれば良いか迷っている方にとって、必ず役立つ情報ですので、ぜひ最後までご覧になって下さい。

 

ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテル徹底比較

まず結論から先にお話しますが、育毛剤にかけるコストを極力抑えたい方、1ヶ月あたりのコストを低く抑えられる育毛剤を試したい方には薬用プランテルをおすすめします。

反対に、薄毛治療の「効果と結果を重視」して選ばれる方にはボストンスカルプエッセンスがおすすめです。当然ですが、ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテルは中身の成分も特徴も全く違います。

薬用プランテルは配合されている成分が少ないものの、育毛剤1本あたりの値段が安い上に「1ヶ月のコストが2,792円で済む」ので、ボストンスカルプエッセンスよりも安く続けることができます。

※ 育毛剤は続けることで「本当の効果」を実感できるので、続けられる金額であることは重要なポイントです。

ボストンスカルプエッセンスは薬用プランテルよりも高くなりますが、成分配合量が多く「育毛業界で話題の新成分」を高配合しています。

 

ボストンスカルプエッセンスに配合されている特徴的な成分

  • キャピキシル・・・ミノキシジル3倍の成長促進効果とAGA改善効果
  • ピディオシジル・・・ミノキシジルと同等の効果を望める
  • フラーレン・・・脱毛原因を抑制しながら、頭皮を若々しく保ち髪が生えやすい土台を作る

ボストンスカルプエッセンスには「あのミノキシジルと同等の効果」を望める成分などが高配合しているため、薬用プランテルよりも高い効果があると判断できます。

ですので、育毛剤にかけるコストを極力抑えたい方、1ヶ月あたりのコストを安く抑えられる育毛剤を試したい方は薬用プランテルがおすすめです。

反対に、薄毛治療の「効果と結果を重視」して選ばれる方にはボストンスカルプエッセンスがおすすめです。

>>低コストの薬用プランテル公式サイトはこちら

>>[効果で選ぶ]ボストンスカルプエッセンス公式サイトはこちら

 

ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテル成分比較

ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテル

以下の表は、ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテルに配合されている成分を比較した一覧表です。

ボストン 薬用プランテル
ピディオキシジル セファランチン
アセチルテトラペプチド-3 グリチルリチン酸2K
アカツメクサ花エキス センブリエキス
モウソウチクたけのこ皮エキス D-パントテニルアルコール
アマモエキス ビワ葉エキス
褐藻エキス 海藻エキス
カミツレ花エキス ボタンエキス
グリチルリチン酸2K シナノキエキス
ヒト遺伝子組織オリゴペプチド-1 ヒキオコシエキス-1
ビオチノルトリペプチド-1 ヒオウギ抽出液
フラーレン -
アピゲニオン -
オレアノール酸 -
カンフル -
グリセリン -
レシチン -
ダイズ油 -
ラベンダー油 -
クエン酸 -
クエン酸Na -
グルタミン酸 -

上記をご覧になって頂くと分かります通り、薬用プランテルよりもボストンスカルプエッセンスの方が配合されている成分が多いことが分かります。

 

ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテルの代表成分

ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテルの代表成分

薬用プランテルよりもボストンスカルプエッセンスの方が配合されている成分量が圧倒的に多いのですが、育毛剤にはその効果を決める「主役になる主体成分」があります。

そこで、ここではボストンスカルプエッセンスと薬用プランテルそれぞれの代表成分を比較して解析していきましょう。

 

薬用プランテル代表成分

薬用プランテル代表成分

薬用プランテルの代表成分は「厚労省認可」の「センブリエキス」「セファランチン」「グリチルリチン酸K2」の3種類です。

  • センブリエキスは、毛乳頭細胞増殖促進作用や血行促進作用などで「発毛を促す」
  • セファランチンは、末梢血管拡張作用や造血機能の回復による「血流促進」
  • グリチルリチン酸K2は、抗炎症作用や抗アレルギー作用があり「フケやかゆみを抑えて抜け毛を防ぐ」

ただし、この3種類の成分は「副作用がない」代わりに効果が緩やかです。

 

ボストンスカルプエッセンスの代表成分

ボストンスカルプエッセンスの代表成分

ボストンスカルプエッセンスに配合されている代表成分は「キャピキシル」「ピディオシジル」「フラーレン」の3種類です。

キャピキシルは、ミノキシジル3倍の成長促進効果とAGA改善効果があり「発毛促進と抜け毛予防の働き」があります。

ピディオシジルは、ミノキシジル誘導体と呼ばれる成分で「ミノキシジルと同等の効果」を期待できる上に副作用がありません。

フラーレンは、ノーベル化学賞を受賞した成分で「脱毛原因を抑制しつつ、頭皮を若々しく保ち髪が生えやすい土台を作る」働きがあります。

ボストンスカルプエッセンスには「発毛促進と抜け毛抑制」による「攻めと守り」を強力に促進する「育毛業界注目の新成分」を高配合しています。

しかも、キャピキシル・ピディオシジル・フラーレンという3種類の新成分を高配合しているのはボストンスカルプエッセンスだけですし育毛剤に配合されている成分とその効果の高さは、圧倒的にボストンスカルプエッセンスの方が優れています。

ですので、客観的に捉えても「薄毛治療の効果と結果を重視」するのであれば薬用プランテルよりも、ボストンスカルプエッセンスの方が上であると判断できますね。

 

ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテルのコスト比較

以下の表は、ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテルの値段・1ヶ月のコスト・容量などを比較した一覧表です。

ボストン 薬用プランテル
容量 60ml 120ml
値段 14,800円 8,200円
最安値 8,267円 6,980円
一カ月のコスト 8,267円 2,792円
返金保証 180日間 30日間

上記をご覧になって頂くと分かります通り、1ヶ月のコスト面で見ると薬用プランテルの方が安いことが分かります。

ただ、「全額返金保証期間はボストンスカルプエッセンスの方が遥かに長い」ので、ジックリ試しながら安心して効果を確かめられるのはボストンスカルプエッセンスです。

 

ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテル比較まとめ

ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテル

ボストンスカルプエッセンスと薬用プランテルを比較してきましたが、どちらを選んだら良いのか迷っている方がいらっしゃるかもしれませんので、ここまでの比較を改めてご覧下さい。

あああ ボストン 薬用プランテル
成分量 21種類 10種類
代表成分 キャピキシル
ピディオキシジル
フラーレン
センブリエキス
セファランチン
グリチルリチン酸K2
最安値 8,267円 6,980円
1ヶ月のコスト 8,267円 2,792円
返金保証期間 180日間 30日間

 

ここまでの比較をまとめますと、ボストンスカルプエッセンスまたは、薬用プランテルがおすすめな方はこのようになります。

薬用プランテルがおすすめな方

  • 育毛剤にかけるコストを極力抑えたい方
  • 1ヶ月あたりのコストを低く抑えられる育毛剤を試したい方

 

ボストンスカルプエッセンスがおすすめな方

  • キャピキシルやピディオキシジルといった成分を使いたい方
  • 副作用がなくミノキシジルと同様の効果を期待できる成分を試したい方
  • ジックリ試して育毛剤の効果を確かめたい方

育毛剤を使った薄毛治療は「無理なく続ける」ことが結果に繋がり、気付いた時に「効果を実感」できるものです。育毛剤の効果が高かったとしても途中で辞めてしまっては本当の効果を実感できません。

ですので、育毛剤にかけるお金をを極力節約したい方、1ヶ月のコストを低く抑えたい方には薬用プランテルがおすすめです。

反対に、値段はある程度考慮するとしても「薄毛治療の効果と結果を重視」する方はボストンスカルプエッセンスを選ばれると後悔せずに済みます。

どちらの育毛剤も全額返金保証が付いていますので、薄毛治療のために「試さないことを後悔しても、損をしたり失敗することはありません」ので、安心して試すことができます。

>>低コストの薬用プランテル公式サイトはこちら

>>[効果で選ぶ]ボストンスカルプエッセンス公式サイトはこちら

 

※ 全額返金保証が適応されるのは上記公式サイトだけですので、その点は気をつけて下さいね。

それでは、最後まで読んで下さりありがとうございました。
髪の悩みがない生活を取り戻す為に、ご活用ください。

 

育毛剤選びで迷ったら

最もおすすめのオールインワン育毛剤

あなたにピッタリの育毛剤を見つけるならこちら

人気の育毛剤5つを徹底比較!

おすすめの記事