育毛剤と育毛トニックの違いとは?併用はあり・なしどっち?

育毛剤と育毛トニックの違いとは?併用はあり・なしどっち?

育毛剤と育毛トニックは名前が似ているにも関わらず「値段が全く違う」ことを疑問に思っている方もいるかと思います。

 

育毛剤にしても育毛トニックにしても、商品名に「育毛」と付いていますので、あなたが薄毛を気にしていて「何か対策を取らないと」と考えている事は分かります。

 

ですが、「育毛剤と育毛トニックは似ているようで全く違う別物」ですので、使い方・選び方次第では「抜け毛を増やし、薄毛を進行させる」可能性もあります。

そこで本稿では、育毛剤と育毛トニックの違いとは?また、育毛剤と育毛トニックの併用はありかなしかなどを説明していきます。

 

薄毛を改善したいとお考えの方にとって必ず役立つ情報ですので、ぜひ最後までご覧になってみて下さい。

 

育毛剤と育毛トニックの違いは?

冒頭でもお話ししましたが育毛剤と育毛トニック共に、商品名に「育毛」と付いていますが、薄毛治療の効果を左右する中身の成分は全く違います。

 

育毛トニックとは?

ヘアトニックは基本的に、50%から70%が水とアルコールで作られ、ふけや臭いを防ぎ、頭髪を清潔に保つ効果、かゆみ・蒸れを防いで、頭髪に関する不快症状を消し去る効果などを期待して使用する。

 

まず大前提として知っておいて頂きたいのですが「育毛トニックという言葉自体が造語」で、本来は「ヘアトニック」が正しい名称です。

 

え?と思われるかもしれませんが、これは真実ですので気になる方は検索してみて下さい。

なぜ「ヘアトニックが育毛トニックと呼ばれるようになったのか」という事を細かく説明すると長くなりますので、簡潔に説明いたしますと

 

ヘアトニックでは売れないと判断した大手化粧品メーカーが、名前を「育毛トニックに変える事で売れると判断した」ためといえます。

我々一般消費者を錯覚させるために「よく行われる方法」です。

 

育毛トニック = ヘアトニックとなるわけですが、驚くべき事に「ヘアトニックの中身は水とアルコールと香料」で作られています。

 

ほぼ水とアルコールと香料です。

 

育毛トニックを使うと、清涼感があり頭皮がスースーして「如何にも頭皮の血行が良くなっている感覚」になりますが頭皮の血行促進とは全く関係ありません。

 

あの刺激は、ヘアトニックに配合されているアルコールとメントールによる刺激であって、頭皮がスースーする清涼感 = 頭皮の血行促進ではないのです。

 

「そんなはずがない」と思われる方もいるかもしれませんが、思い出してみて下さい。注射をされる前には必ずアルコールで消毒をしますが、あの時も冷んやりして肌がスースーしますよね?

 

その状態で「肌の血行が促進されていると思いますか?」思いませんよね。

育毛トニックのCMを見ていると「頭皮の清涼感 = 血行促進」と刷り込まれていますが、

それは「大手メーカーによって洗脳されている」だけであって正しい知識ではないのです。

 

以前までの私を含め、多くの方が「頭皮の清涼感 = 血行促進と勘違い」をしていますが、

それは間違った知識ですので、大手メーカーの洗脳からまずは解放されましょう。

 

そして、ヘアトニックの効果ですが、ヘアトニックは「頭皮のふけや臭いを防ぎ、かゆみ・蒸れを防いで頭髪に関する不快症状を消し去る」事を目的に使います。

 

育毛剤とは?

抜け毛を予防し、ふけ、かゆみを抑え、発毛を促すために使う育毛料。

育毛に効果があると認可されている有効成分を配合し、血行を良くし毛根に活力を与える効果があり、医薬部外品に分類される。

 

育毛剤は「血行を促進し毛根に活力を与え、発毛を促すため」に使います。

>>厚労省も認めてる育毛剤がコレです

 

ですので、先ほどのヘアトニックとは中身も使う目的も全く違うという事になります。

  • ヘアトニック・・・頭皮のフケや臭いを防ぎ、かゆみ・蒸れを防ぎ頭髪の不快感を予防するために使う
  • 育毛剤・・・血行を促進し毛根に活力を与え、発毛を促すため

こうして比較してみるとその違いは明らかですね。

 

育毛剤を使う目的と育毛トニックを使う目的

育毛剤と育毛トニック(ヘアトニック)の違いは分かって頂けたかと思います。

ここからが最も重要なポイントになりますが、育毛剤と育毛トニックでは使う目的が全く違います。

  • 育毛トニック・・・薄毛予防のために使う
  • 育毛剤・・・今ある髪を育て、発毛を促すために使う

このような分け方になります。

 

ですので、薄毛の悩みがあるにも関わらず、薄毛予防しかできない育毛トニックを使っていては「いつまで経っても悩みが晴れない原因」になります。

 

育毛トニックと呼ばれる商品の殆どが1,000円程度の値段ですが、1,000円程度の商品で髪が生えてくるはずがないですよね。

冷静に考えてみると分かることですが、薄毛の悩みがあるとどうしても「育毛」と名の付く商品が気になりますし、試したくなるのも当然です。

 

以前までの私も同じでしたし、少しでも安く髪が生えるならそれに越したことはありません。ですが、ヘアトニックで発毛は不可能です。

 

悪いのはあなたではなく、我々消費者を錯覚させ洗脳している大手メーカーですので気にしないで下さい。

育毛トニックを使おうと考えていた方は、「大切な髪を守るため」にも育毛トニックは避けましょう。

 

その理由として、薄毛の悩みがある方が育毛トニックを使い続けていたら「薄毛が進行する」可能性もあるからです。

 

 

育毛トニックで抜け毛が増える?

育毛トニックで抜け毛が増える?

冒頭でもお話ししましたが、育毛トニックと呼ばれる商品の中身は「水とアルコールと香料」で作られています。

この中で特に問題なのは「育毛トニックに多量に含まれるアルコールが危険」です。

 

髪や頭皮というのは基本的にタンパク質から出来ていますが、アルコールは髪や頭皮のタンパク質を分解させてしまうのです。

つまり、何となく髪に良いだろうと思っていた行動が、本来は「薄毛を進行させている可能性が高い」ということ。

 

育毛トニックはシャンプーをした後に使う場合が殆どですが、それはつまり

  • 綺麗になった頭皮を「さらに消毒する」
  • 綺麗になった頭皮に「さらに清涼感を与える」
  • 綺麗になった頭皮の水分をさらに奪う

 

シャンプーをして綺麗になった頭皮に育毛トニックを使い、さらに消毒したり、さらに清涼感を与える必要はありませんよね?

毛量の多い方が育毛剤トニックをら使うならまだしも、薄毛の悩みがある方の場合

「頭皮や毛根になんらかの異常」が起こっていますので、育毛トニックで添加物の刺激を加えることは薄毛を進行させるリスクの方が高いのです。

 

また頭皮には「刺激が加わると厚く硬くなる性質がある」と言われていますので、抜け毛や薄毛の悩みがある方にとっては問題です。

 

育毛剤も育毛トニックと同じくシャンプーをした後に使いますが、育毛トニックとは全く違います。

育毛剤を使う場合は

  • シャンプーをして綺麗になった頭皮に栄養を与える
  • シャンプーをして綺麗になった毛穴から毛根へ有効成分を届ける
  • シャンプーをして綺麗になった頭皮を保護し保湿する

育毛剤はまさしく「髪を育て、発毛を促進する」ために使います。

 

育毛剤と育毛トニックの併用はあり?

上記までをご覧になって頂くともうお分かりだと思いますが、育毛剤と育毛トニックの併用はあり得ません。併用などあり得ないの一択です。

 

毛量の多い方が育毛トニックを使うのは構いませんが、薄毛の悩みがある方は「育毛トニックの使用自体避けた方が良い」と断言いたします。

※ 育毛トニックよりも育毛剤の方が「断然効果が高い」ので、薄毛予防の為であっても育毛剤を使った方が安全性は遥かに高いです。

 

育毛剤と育毛トニックの併用はあり得ませんが、タイプの違う育毛剤を組み合わせて使うことは問題ありません。むしろ私自身実践していますのでお勧めでもあります。

 

薄毛になる原因は一つではありませんので、タイプの違う育毛剤・効果の違う育毛剤を組み合わせて使うことは、即効性の観点から見てもお勧めできる方法です。

 

育毛剤と育毛トニックの違い まとめ

育毛剤と育毛トニックの違いに付いてお話ししてきましたが、薄毛の悩みがある方には育毛トニックの使用はお勧めできません。

 

本音を言うと「大切な髪と頭皮を守る為にも、育毛トニックの使用は絶対に避けてほしい!」と心から思いますが、育毛剤と育毛トニックの値段を比較すると圧倒的に値段が違いますので、コストを考えると強く言い切れない弱さもあります。

 

育毛剤と育毛トニックのコストを比較した場合

育毛剤イクオス 薬用サクセス
値段 6,980円 900~1,000円
容量 120ml 180g
返金保証 45日間 -
成分量 70種類以上 3種類

育毛剤と育毛トニックのコストを比較してみると圧倒的に育毛トニックの方が安く済みますし経済的にも助かる商品です。

>>イクオスの人体実験レポはこちら

 

ですが、育毛トニックの値段が安かったとしても「髪を失ったら意味がない」と考えています。

冒頭でもお話ししましたがヘアトニックに発毛効果はありません。それどころか、薄毛の悩みがある方が育毛トニックを使ったら「薄毛を進行させる」可能性が高くなります。

 

出費は少なくて済むが、髪の毛を失う。

 

どちらが良いのかは人それぞれの価値観によるものですが、薄毛は確実に人生を狂わせる病気です。

 

薄毛の悩みがあるだけで、人と話していても相手の視線が気になります。風が強い日は外出することすら嫌になります。ハゲとか薄毛とか陰口を言われないか気になるようになります。

そしていつの間にか人に会うことすら嫌になります。

 

髪が薄くても死ぬわけではありませんが、薄毛は確実に人生を狂わせる病気です。

薄毛は人生を狂わせる病気ですが、病気であるからこそ治療することができます。効果の高い育毛剤の併用であれば治療は可能です。

 

ですので、もしもあなたが薄毛の悩みを抱えていて将来を心配しているなら、育毛トニックは使わないで下さい。当時の私と同じ思いはして欲しくありませんので。

>>あなたに合った育毛剤が見つかる・人気の育毛剤5つを徹底比較

 

 

それでは、最後まで読んで下さりありがとうございました。
髪の悩みがない生活を取り戻すお手伝いができれば幸いです。

育毛剤選びで迷ったら

最もおすすめのオールインワン育毛剤

あなたにピッタリの育毛剤を見つけるならこちら

人気の育毛剤5つを徹底比較!

おすすめの記事