【薄毛が気になる30代限定】育毛剤の効果をグンっと高める髪の4大栄養素を大公開!

30代の大台に乗り、髪が薄くなってきたな…と感じることも多いのではないでしょうか。

 

毎朝鏡を見るたびにちょっと凹んでしまいますよね。しかし、まだあきらめてはいけません。

毎日の食生活を見直すことで薄毛は必ず改善します。

 

この記事では日々の食事のどのような点に気をつければ薄毛の改善につながるのか、をテーマに詳しくお伝えしています。

薄毛の治し方がいまいち分からない30代以降の方はぜひご覧ください!

 

薄毛改善の第一歩は【食生活の見直し】が重要!

日本における現代人はとにかく忙しいです。

この記事を読んでいるあなたもきっと、朝から夜遅くまで働いて帰宅したころにはクタクタ…そんな生活を送っているのでしょうね。

 

本当に毎日お疲れさまです。

 

そんな忙しい生活の中では、規則正しい食事は難しいですよね。

 

自分の生活を振り返ってみて以下のことに心あたりはありませんか?

  • 朝食をとらずに出勤する
  • お昼はカップ麺など簡単なもので済ましている
  • 夕食が牛丼などファーストフード
  • 夕食の時間が夜8時を回ってしまう
  • 自炊をほとんどしない

いかがでしょう、1つでもあてはまるものはあれば、今すぐ改善しなくてはなりません。

 

特に独身の男性の場合、誰も注意してくれる人がいないのでつい楽な食事のとり方をしたり、自分の好きなものばかり食べてしまったりしがちです。

その結果食事が偏ってしまい、薄毛をさらに進行させてしまうことにつながるのです。

 

【イキイキした髪を育てる】食事の4大栄養素がコレ!

【イキイキした髪を育てる】食事の4大栄養素がコレ!

バランスの良い食事は健康にももちろん良いのですが、健康な髪を育てる上でも欠かせない要素です。

だからと言って、いきなり栄養士が考えるような完璧な食事をするのも無理な話ですよね。

 

まずは必要な栄養素を毎日摂取するというところから始めてみませんか?気を付けるべきは、以下の4つの栄養素です。

  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 亜鉛

まずタンパク質は髪を構成する要素のほとんどですから、必ず摂取しなければいけません。

 

次にビタミンは血行を促進したり、新陳代謝を促す効果があります。

髪を成長させるために、頭皮の血行を良くして栄養素を十分に行きわたらせることは大切です。

 

またミネラルは様々なビタミンや栄養素の調整をする役割があり、こちらも頭皮に栄養を送るのにぜひとも必要な栄養素です。

最後の亜鉛ですが、これはタンパク質と深い関係があります。

というのも、髪の主成分であるタンパク質はケラチンという物質なのですが、このケラチンを生成するのに亜鉛が必要なのです。

 

4大栄養素を取り入れた食品を大公開!

タンパク質・ビタミン・ミネラル・亜鉛という4つの栄養素を摂取するためにはどのような食品を食事に取り入れていけばいいのでしょうか。

栄養素ごとにご紹介します。

 

タンパク質

タンパク質は肉・魚・卵・乳製品を中心に多く含まれています。

タンパク質

 

男性は比較的肉を好んで食べる傾向があるので、タンパク質については毎日摂取できている方が多いです。

 

しかし、注意したいのは、肉ばかりを食べて脂肪分を摂取しすぎている人があまりにも多いことです。

 

脂肪過多に陥ると、頭皮の脂肪分泌量が多くなり、これはかえって薄毛を促してしまいます。

よって、脂分の少ない鶏肉や魚を中心に食事に取り入れると効果的です。

 

魚であればいわしやまぐろがおすすめです。また、うなぎはタンパク質だけでなくビタミンと亜鉛も含まれていますからより効果的です。

 

ビタミン

ビタミンは野菜や果物に多く含まれており、男性が苦手とする栄養素の1つと言えます。

ビタミン

 

中でも進んで摂取したいのがビタミンB。

これは緑黄色野菜に多く含まれていますから、積極的に日々の食事に取り入れていきましょう。

 

野菜を使った料理が面倒であれば、果物でも構いません。

1日1個みかんを食べる、など自分でルールを作って摂取しましょう。

 

ミネラル

ミネラルと一言で言っても、その内容はナトリウム・マグネシウム・カルシウム・リンなど多岐に渡ります。

 

この4つをもれなく含んだ食材として海藻類が挙げられます。

 

海藻類はミネラルの宝庫とも呼ばれ、健康な生活を維持するために必要なミネラルが全てそろっています。

入手しやすく身近な海藻は何といってもわかめでしょう。

お味噌汁に入れるなどして、自分の食べやすい形で摂取しましょう。

 

海藻の他にはキノコやほうれん草、納豆にもミネラルが多く含まれています。

 

亜鉛

亜鉛が含まれる食材はもっと絞られるため、ピンポイントで摂取すると良いでしょう。

亜鉛

 

具体的には牡蠣、レバー、うなぎ、チーズなどに多く含まれています。

毎日食べるのが難しい食材が多いですから、まずは週に1度など、気軽に食生活に取り入れていきましょう。

 

 

育毛の効果を高める「良い食事の仕方」!

育毛の効果を高める「良い食事の仕方」!

さて、上記のような健康に良い食事をするだけで全て解決するのかというと、答えはNOです。

本当の意味の食事改善は何を食べるかだけでなく、どのように食べるのか=食習慣も非常に大切になってきます。

 

食事をする時間帯に注意を!

仕事が遅くなって帰宅し、やっとご飯を食べる頃には夜10時を回っていた…。

筆者にも経験があるのでよくわかります。

 

さすがに寝る2〜3時間前に食事をするのは身体に良くないことくらい想像がつきますよね。

寝る直前に食事をしてしまうと、就寝してからしばらくの間、胃が活動していることになります。

 

すると、体が消化活動に集中し、その日の疲れをとったり体を休めたりすることができなくなるのです。

 

「睡眠のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことはありますか?

 

これは22時〜2時のことを指し、成長ホルモンが1番良く分泌される時間帯です。

この時間帯に熟睡できていると、身体もしっかりと休まり、髪の成長を促してくれます。

そのためにも、逆算して食事は19時までに終わらせるようにしましょう。

 

食べ方を間違えると抜け毛が増える!

食べる時間帯と同じくらい大切なのが、どのような食べ方をしているのかという点です。

 

何が言いたいかと言いますと、早食いと大食いは絶対にダメ!ということです。

 

まず早食いですが、これは裏を返せばよく噛まずに食べていることになります。

よく噛まずに胃の中に入った食べ物は、消化に時間がかかってしまいます。

消化活動をしている間は体の血液が胃に集中しますから、対照的に頭皮にはあまり血液が行きわたらないわけです。

 

大食いも同じく、食べ過ぎてしまうといつまでも胃の中に食べ物が残っている状態が続きます。

すると、消化により時間がかかってしまいます。

後は早食いの時と同じで、長い消化活動中に頭皮に行きわたる血液が不足してしまうのです。

 

その結果頭皮への栄養が少なくなり、薄毛を促進してしまうのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一人暮らしの男性がついついやってしまう、食生活での間違いがそのまま抜け毛や薄毛につながることが分かっていただけたと思います。

 

一度に全ての食事改善をすることは難しいです。

特に、夕食の時間に関しては、忙しい社会人であれば19時までに済ませることはほぼ不可能ですよね。

 

でもそのような場合、目的は胃の活動を早く終わらせることですから、胃にやさしいもの、消化の早いものを多く食事に取り入れることで改善できるはずです。

自分のライフスタイルにあった工夫をしながら、食生活の改善にトライしてみてください。

 

 

育毛剤選びで迷ったら

最もおすすめのオールインワン育毛剤

あなたにピッタリの育毛剤を見つけるならこちら

人気の育毛剤5つを徹底比較!

おすすめの記事