結論から先にお話しすると、育毛剤を使って「逆に髪が抜ける・減る」ことはあります。

 

育毛剤を実際に試した方の口コミを調べていると「育毛剤を使って抜け毛が増えた」「育毛剤を使って髪が減った」という口コミを見かけるのもその為といえます。

と言っても、育毛剤を使って増える抜け毛には「良い抜け毛と悪い抜け毛がある」ということです。

 

そこで本稿では、育毛剤を使ったことで抜け毛が増えるのはなぜか?また、良い抜け毛と悪い抜け毛の見分け方を説明していきます。

育毛剤を初めて使おうとお考えの方、育毛剤に関して正しい知識を身につけたい方にとって必ず役立つ情報ですので、ぜひご覧になってみて下さい。

 

育毛剤を使うことで「逆に抜け毛が増える原因」

育毛剤を使ったことで「逆に抜け毛が増える原因」のメカニズムを理解するためには、人の髪に存在している「ヘアサイクル」を知っておくとより原因を深く理解する事が出来ます。

ですので、ヘアサイクルについて簡潔に説明してから話を進めていきますね。

 

ヘアサイクルとは?

髪の毛は常に伸び続けているわけではなく、一定の周期で生え変わっています。そして、一定の周期で生え変わることを「ヘアサイクル(毛周期)」と言います。

 

このヘアサイクルには、「成長期・退行期・休止期という3つのステップ」があり、この3ステップを繰り返すことで、髪は抜けても再び生えてきます。

3ステップを別々に見ると以下のような流れです。

  • 成長期・・・髪がグングン成長する
  • 退行期・・・髪の成長が鈍くなる
  • 休止期・・・髪の成長が止まり抜け落ちる

 

そして、この成長期・退行期・休止期にはそれぞれ期間があり、薄毛の悩みがない方は以下のようなヘアサイクルになっています。

  • 成長期・・・2~6年
  • 退行期・・・2~3週間
  • 休止期・・・3ヶ月

 

上記をグラフにして表すと以下のような期間です。

健康な髪の人のヘアサイクル

そしてこのヘアサイクルは髪1本1本で違います。ですので、2年で抜ける髪もあれば、6年間も抜けない髪があるということです。

ですので、一気に髪が何百本も抜けることはなく、毎日一定量の髪が抜けて、毎日一定量の髪が新たに生えているわけですね。

 

薄毛の人はヘアサイクルが乱れている

先ほど、ヘアサイクルは髪1本1本で異なり、2~6年ほどの期間があると説明しました。ですが、これはあくまでも「正常なヘアサイクルの場合」です。

 

しかし薄毛に悩む方の場合は、正常なヘアサイクルが乱れて「髪が成長しきる前に抜け落ちている」ので薄毛が進行していきます。

薄毛に悩む方のヘアサイクル

本来なら最低でも2年は育つはずの髪の毛が、「たった1年程度でドンドン抜け落ちて」いけば、

生えてくる髪の毛よりも抜ける髪の量が多いわけですから「薄毛になるのも当然」といえます。

 

そして、ヘアサイクルが乱れる原因は、AGA・血行不良・髪の栄養不足など様々ですが、

薄毛を改善させるためには「乱れたヘアサイクルを正常に導く」ことが必須です。

 

育毛剤を使うと起こる「抜け毛のメカニズム」

育毛剤とヘアサイクル

先ほど、薄毛改善のためには「乱れたヘアサイクルを正常に導くことが必須」とお話ししましたが、乱れたヘアサイクルを正常化させるのが育毛剤です。

 

育毛剤の効果は、血行促進や細胞分裂の活性化・AGAの改善効果などを目的として使いますが、それは「乱れたヘアサイクルを正常化に導くため」です。

 

ここから本稿のメインテーマに入っていきますが、「育毛剤を使ったことで逆に抜け毛が増える原因」というのは、乱れたヘアサイクルが正常化された証なのです。

 

どうゆうことか説明しますと、育毛剤を使うことで毛母細胞が急激に元気になり、「新しい髪の成長」が始まります。

ヘアサイクルには3つのステップがありましたよね?

  • 成長期・・髪がグングン成長する
  • 退行期・・髪の成長が鈍くなる
  • 休止期・・髪の成長が止まり抜け落ちる

育毛剤によって毛母細胞が元気になり新しい髪の成長が始まると「休止期に入っていた髪の毛」が「成長期に移行」します。

 

そして、本来なら休止期がまだ続くはずだった髪が抜け落ちて、新しい髪が生えてくるというメカニズムなのです。

簡単に説明しますと、育毛剤を使うことで「抜けるのを待っていた髪が抜け、新しい髪が生えてくる」ということですね。

 

そして、育毛剤を使って一次的に増える抜け毛を「初期脱毛」といいます。

 

「初期脱毛は良い抜け毛」

育毛剤を使って一次的に増える抜け毛を「初期脱毛」と言いますが、これは発毛を意味する兆候ですので「良い抜け毛」といえます。

 

初期脱毛によって抜ける髪は休止の髪ですので、「放っておいても3カ月以内に抜ける髪だった」ということですね。

《育毛剤を使うことで毛母細胞が元気になり、新しい髪の成長が始まることで、放っておいても3カ月以内に抜けるはずだった髪がまとめて抜ける。》

 

これが育毛剤を使うことで一次的に抜け毛が増えるメカニズムです。

 

育毛剤を使って一次的に抜け毛が増えたとしても「髪の毛が生えてくる兆候」と分かれば焦らずに済みますよね。

 

ですので、育毛剤を使っている方、またはこれから使おうとお考えの方は「初期脱毛」のことを覚えておいて下さい。

 

初期脱毛が起こり「これから髪の毛が生えてくる」状態にも関わらず、焦ってしまい途中で育毛剤の使用を止めてしまうのは非常に勿体無いことです。

 

「良い抜け毛」と「悪い抜け毛」の見分け方

上記しました通り、育毛剤を使うことで一次的に増える抜け毛(初期脱毛)は、これから新しい髪の毛が生えてくる兆候ですので「良い抜け毛」です。

 

ただ、初期脱毛とは違い「悪い抜け毛」というのもありますので、その見分け方を説明していきます。

とは言っても、見極め方はとても簡単で「頭皮に異常が起こっているかどうか」によって分かれます。

 

例えば、育毛剤を使ったことで頭皮に「異常なかゆみや荒れなどの炎症」が起こり、それが治らないまま抜け毛が増えた場合は「悪い抜け毛」です。

 

反対に、特に頭皮に異常がないまま抜け毛が増えた場合は「初期脱毛ですので良い抜け毛」です。

 

ですので、育毛剤を使い始めて頭皮に炎症などが起こり、それが治らないまま抜け毛が増えた場合は「育毛剤の使用をすぐに中止」して下さい。

もし分からない事があれば、コメントまたはメールで直接聞いて下さい。

>>初期脱毛が起こる良い育毛剤を見つける

 

まとめ

ここまで、育毛剤を使ったことで抜け毛が増えるメカニズムと、良い抜け毛と悪い抜け毛の見分け方について説明してきました。

 

初期脱毛に関しては知らない方が意外と多いようですので、ここまで読まれた方は「初期脱毛」を忘れないように覚えておいて下さい。

そして、良い抜け毛と悪い抜け毛の見分け方に関しては、こればかりは実際に試してみないと分かりません。

 

ただ、実際に体験してみると「良い抜け毛と悪い抜け毛の違い」がハッキリと分かるようになりますので、まずは本当に効果のある育毛剤を選び実際に試すことから始めてみて下さい。

>>人気の育毛剤5つを徹底比較・おすすめランキングはこちら

 

それでは、最後まで読んで下さりありがとうございました。
髪の悩みがない生活を取り戻すためにご活用下さい。

 

育毛剤選びで迷ったら

最もおすすめのオールインワン育毛剤

あなたにピッタリの育毛剤を見つけるならこちら

人気の育毛剤5つを徹底比較!

おすすめの記事