真相解明:ストレスが抜け毛を増やす4つの原因&メカニズムまとめ!

最近どうも抜け毛が増えてきたなあ…と困っていませんか?

抜け毛の原因って本当にたくさんあるのですが、特に現代人に多いのが「ストレス」です。

 

このストレスが「どうやって」抜け毛を増やしてしまうのか、本当の原因を知ることが抜け毛対策への第一歩です。

この記事ではそこを深く、徹底的に検証します。

 

「ストレスがたまっている」「抜け毛が気になる」というそこのあなた!

この記事を読むことで、正しい抜け毛の対策を考えることができるようになります。

今ならまだ間に合いますから、ぜひ参考にしてみてください。

 

原因1:【血行不良】髪に栄養が行きわたらない!

 

ストレスは体のありとあらゆる部分に影響を及ぼします。

中でも一番先に影響が出るのが「自律神経」です。

 

自律神経とは?

自律神経とは、体の器官を適切な状態に保つために24時間働いている神経で、交感神経と副交感神経の2種類から成り立っています。

 

自律神経の働きを、電球に置き換えて説明すると、交感神経とは、体が活発に活動できるようにする神経です。

要は体をちょうど「電球がオン」の状態にしてくれる神経なのですね。

 

副交感神経はその反対で、体をまるで「電球がオフ」の状態にしてくれる神経のこと。

夜になるにつれて、体を徐々に休め、睡眠モードにしてくれます。

 

ストレスは交感神経を刺激する

人間はストレスがたまってくると、自律神経のうち「交感神経」が活発になってしまいます。

これは体を「電球がオン」の状態にし、いろんなことに瞬時に反応ができるようになることを意味します。

分かりやすく言うと、体を「緊張している」状態にするのです。

 

すると、体中の血管がキュッと引き締まった状態になります。

これが血行不良を引き起こすのですね。

 

血行不良の髪への影響

血行不良になるとどんな影響が出るのでしょうか?

血液は全身に栄養を運ぶ働きをしています。

もちろん頭部にもです!

 

この血液の流れが悪くなると、頭部にも栄養が十分に行きわたらなくなるということ。

その結果、健康な髪が育ちにくくなるのですね。

これがストレスが抜け毛を引き起こす、第1の原因です。

 

原因2:【睡眠不足】ストレスで夜眠れない体に!

他の原因もどんどん見ていきましょう!

毎日積み重なる残業、職場の人間関係…何かと忙しい現代人は悩みが尽きません。

毎朝の出勤がツラいなぁ…って思っているのは、あなただけではないはず。

 

では、なぜ毎朝の出勤がツラいのか考えたことはありますか?

これもストレスが大いに影響しているのです。

 

ストレスで寝付けなくなる

出勤がツラいのは、そりゃ仕事に行きたくないからだろ…という声が聞こえてきそうですね。

しかし、そういう精神的なことじゃなくて、ストレスは身体的に大きな影響を及ぼしています。

 

先ほどの自律神経の話を思い出してみてください。

ストレスがたまっていると交感神経=体を「電球がオン」の状態にする神経、が活発になるのでしたね。

この状態がずっと続くと、どうなると思いますか?

 

そう!体がいつまでたっても起きている状態で、寝つきが悪くなるのです。

 

ストレスで睡眠の質も低下

ようやく寝れた、と思って安心しちゃあいけません!

ストレスは体が寝た後も、体をむしばんでいます。

 

実は眠りに落ちた後も、交感神経が活発な状態はしばらく続きます。

 

つまり、ぐっすりと深い眠りができないまま朝を迎えてしまう。

寝たようで全然寝れていない、疲れが取れない。

これでは朝の出勤がツラいのも当たり前ですよね。

 

このように、ストレスは睡眠にも大きく影響します。

 

原因3:【頭皮のコリ】荒れた頭皮が抜け毛を増やす!

肩こりって誰もが経験があると思います。

肩がこったな〜って時はどうしてます?

体を動かしたり、誰かにマッサージをしてもらう人が多いでしょう。

 

肩を揉んでもらうと、最初は力が強くて「痛っ!!」ってなりますが、徐々に気持ちよくなってきますよね。

あれは外部からの力によって、体がほぐれ血行が良くなるからなんです。

 

何が言いたいかって?

 

血行が悪くなると肩がこる、ってことです。

そして同じことが頭にも起こるんですよ。

 

血行悪化で頭皮が「こる」

先ほど、ストレスがたまっていると自律神経の関係で血行が悪くなるという話をしました。

血行が悪くなると肩こりと同じく、体のあらゆる部分が肩こりと同じ状態になる。

それは頭皮も同じなのです。

 

頭皮がこるってことは、頭皮がカタくなっちゃうってことなんです。

カタくなった頭皮に、イキイキとした髪が生えてくるでしょうか?

答えはNOです。

 

例えば木を植えるとき、干上がってカチカチに固まった土と、水気が多くて柔らかい土、あなたならどっちに植えますか?

もちろん柔らかい方を選びますよね。

頭皮も同じことで、健康な髪を生やすには柔らかい頭皮が必要なのです。

 

原因4:【亜鉛の消費】髪の成長に必要な栄養分が奪われる!

「亜鉛」という栄養素をご存知ですか?

亜鉛とは人間が生きていくのに欠かせない栄養素の1つで、以下のような働きがあります。

  • 皮膚や粘膜を健康に保つ
  • 骨を丈夫にする
  • 新陳代謝を促す

特に新陳代謝を促すという働きが重要で、体の中でも細胞の生まれ変わりが激しい部分に必要な栄養素なのです。

体の中の細胞の生まれ変わりが激しい部分ってどこでしょう?

 

そう!髪の毛ですね。

言い換えると、亜鉛は髪の成長に不可欠な栄養素なのです。

 

ストレスが亜鉛を消費

もう一度これまでの話を思い出してみてください。

ストレスは自律神経を狂わせ、血行を悪くするんでしたね。

血行が悪くなると体に栄養が行きわたらない状態=体中が栄養不足の状態、になります。

 

そんな時体はどういう反応をするのか?

足りない栄養素を必死で補おうとするのですね。

そんな時に、体が真っ先に目をつけるのがこの「亜鉛」です。

 

つまり、ストレスがたまっているとき、体は亜鉛を大量に消費してしまいます。

 

亜鉛不足が髪の成長をストップ!

亜鉛は体が勝手に作り出すことはできず、食べ物などを通して摂取しない限り減っていく一方です。

ストレスがたまっていると、この亜鉛の減少が著しく、体内に残っている亜鉛がどんどん少なくなっていきます。

すると髪の成長がどんどん遅れていく…。

 

こうなってしまっては髪の質が衰えるのも同然なのです。

こうしてストレスが抜け毛をさらに促進させてしまうのですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

ストレスは実は体の奥深くで、いろんな悪影響をもたらすことが分かっていただけたと思います。

 

自律神経は目に見えるものじゃないし、正直普段の生活で意識することなんてないですよね?

しかし、あなたが知らない間に体を正常に保つため、いろんな働きをしてくれている大切な神経なのです。

ストレスによってこの自律神経が乱れてしまうことが全ての原因、と言ってしまってもいいでしょう。

 

今後の生活では、この自律神経が正常に働くことができるようにすることが1番大切です。

 

ストレスを急に全部取り除くのは不可能かもしれません。

少しでも体がリラックスした状態になるように、抜け毛対策を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

育毛剤選びで迷ったら

最もおすすめのオールインワン育毛剤

あなたにピッタリの育毛剤を見つけるならこちら

人気の育毛剤5つを徹底比較!

おすすめの記事